事前に副作用を確認して安全にプロペシアを活用する

男性

内服するAGA治療薬

サプリ

必要以上に怖がらない

「薄毛は治したいが、プロペシアは副作用が怖い」という方が少なくありません。特に怖いのは男性機能の低下でしょう。プロペシアを服用すると精子が減少したり、勃起しなくなったりするという説があります。男性にとっては非常に深刻な問題なので、副作用を気にするなというのは無理かもしれません。アメリカで行なわれた臨床試験の結果、プロペシアの服用後に勃起障害を起こした人が1.3%いたとされています。ただし有効成分を含まないプラセボでも、0.7%の人が勃起障害を起こしています。つまり「副作用が怖い」と強く感じていると、本当に勃起障害を起こしてしまうわけです。プロペシアを服用するときは、あまり神経過敏にならないよう注意する必要があります。

安全性や効果は確認済

他にプロペシアの副作用としては、発疹や消化器の不快感、肝機能障害などが挙げられます。発疹や消化器系の副作用は、どんな薬でも生じる可能性があります。またもともと肝臓にダメージを受けている人は、ほとんどの薬で重症化する危険があります。いずれにせよ、プロペシアの成分自体に問題があるわけではありません。もちろん副作用が全くないとは言えません。用法や用量を正しく守り、体の変調を感じたら服用を中止することが大切です。男性型脱毛症の治療薬として、プロペシアは最初に承認を受けた医薬品であり、安全性や効果が確認されているため人気があります。市販の育毛剤で発毛効果を実感できないとき、プロペシアは強い味方になりえます。

前向きになろう

髪の毛

AGAは諦める病気ではなく、根気よく治療を続けるものです。名古屋にはメンズ専門の外来もあるので、プライバシーを守りながら治療に臨みたい方のニーズを満たしています。発毛サイクルを理解し、焦らず治療を行いましょう。

詳細を読む

頭皮の問題を解決する

鏡を見る男性

年齢に関係なくAGAで悩む人が急増している昨今、適切な治療法が見当たらないと半ば諦めている人も大勢います。福岡のクリニックは独自の治療法で患者様に合った治療法を提案しスピーディな効果を得ることができる優秀なクリニックです。

詳細を読む

AGAを克服する方法

困るメンズ

プロペシアを使う時には病院で医師の話をよく聞いて、正しい服用方法を守り、さらに副作用について知りましょう。また、プロペシアが人気の理由は臨床試験が行われ、東京などで病院の医師が処方してくれるので高い効果が期待できることです。

詳細を読む